自家製タレを楽しもう

BBQのタレ、何を使ってますか?
塩ダレや醤油味のタレの定番から、
味噌ダレやカレー味なんて変わり種まで、
最近はたくさんの種類があって迷いますよね。

BBQのタレはお店で調達することが多いですが、
自家製で作るのも美味しいですよ。

中でも手軽にできるのがネギ塩ダレ。
作り方はとっても簡単です。

★ 材料
・長ネギ
・チューブにんにく
・塩
・胡椒
・ごま油

★ 作り方
長ネギをみじんぎりにします。
細かい方がお肉と馴染みますよ。

その後に、その他の調味料を混ぜればOK。
とっても簡単です。
にんにくを多めに利かせた方が美味しいですよ。

BBQ会場で作るのも良いですが、
出来れば前日に作っておくことをおすすめします。
タッパーに入れて一日寝かせば、
さらに味がなじんで美味しくなりますよ。

タッパーにはプラスチック製のスプーンを用意しておきましょう。
お箸では取りづらいので、大きめのざっくりすくえるものが
あると便利です。

これ単品でお酒のおつまみになる!
なんて人もいるくらい、シンプルだけれども
美味しい人気のタレです。

お肉を美味しく焼くコツ

せっかくのBBQ!
お肉はいっぱい食べたいですよね。

焼き方は超がつくほど重要です。
とはいうものの、BBQのお肉はコゲコゲになることが
多いもの。
それが醍醐味と言えば醍醐味なのですが……
やっぱり美味しく食べたい!

そこでお肉を美味しく焼くコツを伝授します。

まずはコンロを温めること!
強火でジュージューいうほどに暖めておきましょう。

弱火で焼くと、生焼けになるだけでなく、
焼ける前に肉汁が全て出てしまうんですよね……。

しっかりコンロを温めてから
少なくとも中火くらいでジュージュー焼くと
ジューシーなお肉が焼けますよ。

特にステーキ肉など、かたまりのお肉は
まずは強火でジュージュー焼きましょう。
コンロの真ん中あたり、一番火力の強い場所においてください。

表面が焼けてきたら中火ゾーンへ移動。
中までしっかり火を通します。

弱火では表面だけコゲて、
中身がレアというか、冷たいまま……なんて
悲惨な状態もありますよ。

野菜のコゲは●●不足が原因

BBQはお肉もいいですが、
野菜も食べたいですよね。

特に女性は野菜メインで食べたい人も多いはず。

ですが……BBQの野菜って、
正直コゲコゲになることが多いですよね。

玉ねぎは真っ黒。
カボチャもイモも火が通るころには
外側が真っ黒になることも多いもの。

そもそも野菜がコゲるのは、
水分不足からです。
乾燥すればすぐに真っ黒に変色します。

コンロで火を焚いているわけですから、
乾燥するのは当たり前。
お肌と同じですね(笑)

野菜は諦めるべきなの……?と思ってしまうかもしれませんが、
ちょっとしたコツで美味しい野菜が食べられます。

それは野菜の表面に薄くオイルを塗ること。
ハケで薄く油を塗っておきましょう。
牛脂でもOKです。
これにより、乾燥が防げるので
野菜はコゲずに美味しいままですよ!

ハケで薄く塗るのが面倒!
または量がたくさんあるから難しい場合は
オイルスプレーが便利。

シュッとひと拭きすればOKなので
手軽にできちゃいますよ。

焼きリンゴでホッとブレイク

BBQのスイーツといえばなんですか?
マシュマロも美味しいですが、
焼きフルーツも人気です。

鉄板でジュージュー焼けば
すぐにスイーツの出来上がりです。

この時期にオススメなのが、焼きリンゴ!
リンゴの酸っぱさと甘さが合い間って
絶妙な人気スイーツですよね。

ところで、焼くとフルーツは甘くなるって知っていますか?
リンゴも酸味よりも甘味が強くなります。
時期がちょっと早いかな?なんてリンゴも
美味しくいただけちゃいます!

作り方はとっても簡単。
薄く切ったリンゴを鉄板でジュージュー。
柔らかく焼き色がついたら
砂糖とシナモンパウダーをかければ完成です。

さらに生クリームを足すと
カフェ風スイーツの出来上がりです。

リンゴは皮をむいてもむかなくてもOKなので
手軽に出来るのがうれしいですね。

マスターすれば、女子ウケ確実かも!?

BBQは鉄製お鍋がオススメ

BBQで使うお鍋やフライパン、
すぐに黒くなってしまいますよね。

BBQ専用のお鍋やフライパンが欲しいなら、
鉄製がオススメ!

日常ではテフロン加工のフライパンが
焦げ付かずに使い勝手が良いですが、
熱伝導はイマイチ。

焼き上がりにムラができることが多いんです。

それにテフロンは高温になると
加工されている表面が溶け出す危険性が……。
新しい物なら問題ないようですが、
数回使ったものはBBQには向いていないかもしれません。

鉄のお鍋なら、溶け出しても鉄です。
そのまま鉄にかじりついたらお腹を壊しそうですが(笑)、
少しくらいなら問題ありません。
「鉄分」なんて栄養素があるくらいですからね。

熱伝導も良いので、料理にムラができませんよ。

そのまま放置すると酸化するなど、
取扱いには少々手がかかりますが、
一度手にすると美味しさには変えられない!
と愛用する人が多いそうです。

BBQのシメは焼きそばは絶対!?

BBQのシメを焼きそばで終わらせること、
多いですよね。

どのBBQ場でも、終わりに差し掛かってくると
どこもかしこも焼きそばだらけ。

お祭り状態になることも珍しくはありません。

しかし、この焼きそば……
作るのはなかなか難しいもの。

鉄板の火は均一にならないし、
灰が混ざってグレーな焼きそばができることもしばしば。

慣れていない場合、鉄板にそばがはりついて、
こげた麺と生焼けの野菜で焼きそば完成!
なんてことになるんですよね。

終盤なので火が消えかけ、
生焼けのソース粉末だけがかかった麺をすすることも……。

失敗せずに上手く作りたいのであれば、
フライパンを持ち込むことをオススメします。

なんとなくシメは焼きそば!な気分ですが
ホットドックやハンバーガーなど、
他にもシメになる料理があるんです。

今度のBBQでは焼きそば以外のシメを考えてみては
いかがですか?

冷凍食品を上手く使ってBBQ

最近の冷凍食品、美味しくなりましたよね。
とっても手軽ですし、BBQでも使える食材がいっぱい。

いくつかBBQで好評な冷凍食品をご紹介します。

まずは焼きおにぎり!
鉄板で焼くだけなのでお手軽です。

いっぱい食べるグループであれば、
お肉と一緒にいくつか用意しておきましょう。
お肉と一緒に片手で食べられるので、
好評ですよ。

そのままでも美味しいのですが、
焼き上がりに醤油をちょっとだけたらすと
香ばしさがアップします。

次にチャーハン。
具だくさんのチャーハンはシメにぴったり。

コンロの上で焼くだけですから、
手軽に美味しく出来ちゃいます。

油を牛脂に帰れば、ガッツリ系のチャーハンに早変わり。
ニンニクのチューブを足せば、
さらに男のチャーハンになりますよ。

最後は枝豆。
冷凍食品の枝豆は、自然解凍でOKなんです。
家を出てくるときに冷凍庫から出し、
BBQ場に着いたらオープン!

お肉が焼けるまでのおつまみになりますし、
サラダ代わりに食べる女性も多いですよ。

さらに、冷凍食品は保冷剤代わりにもなります。
良いところ尽くしの冷凍食品。
利用しない手はありませんね!

BBQのシメはハンバーガー

BBQのシメは焼きそばですか?
焼きそばも悪くはないのですが、
たまには変化を付けたいもの。

そこでオススメなのがハンバーガー!
薄いパテを用意しておけば、
後はパンとケチャップ、お好みでマスタードがあればOK。

材料の入手も作り方もとっても簡単!

パテはハンバーガー用のものが売っていますし、
なければ形成された焼くだけのハンバーグ種がオススメ。

生焼けにならないように薄く延ばしましょう。
塩コショウで下味をつけておくと良いですね。

そしてパンに鉄板でこげ色を付けます。

パテに火が通ったらパンに挟んで
味付けをするれば完成!

ほかほかの美味しいハンバーガーの完成です。

アメリカンなお肉を楽しむハンバーガーなら
牛ひき肉のパテを。
ジューシーなハンバーグをたのしみたいなら
あい引きのパテがオススメですよ。

BBQに必要な調味料

お肉にやその他の食材にばかり気をとられ、
「あっ、忘れた……」
となりやすいのが調味料。

BBQ場やBBQ場近くのお店で売られていることも多いのですが、
だいたいの場合は割高です。

できれば忘れることなく、用意していきたいですね。
基本的な調味料をお教えしますね。

□塩・コショウ
一緒になっているタイプがオススメ。
ひと振りでお肉の下味は整いますよ。

□バター
魚介類には欠かせない調味料。
火の側におくこともあるので、保冷剤を忘れずに。

□醤油
魚介類を焼くときに欠かせません。
他にも味の調節に使える万能調味料。
BBQではミニボトルタイプがオススメ。

□焼肉のタレ
これがなくては始まりません。
塩ダレタイプや醤油ダレタイプ、
激辛タイプを用意して味の変化を楽しみましょう。

□ごま油
お肉の味が変化する魔法の調味料。
塩と混ぜれば簡易ドレッシングに。

当日慌てるのではなく、
万全な体制でBBQに臨みましょう!

テントは日よけ以外でも役立つ

少々肌寒い季節になってきましたね。
こんなときだからこそ、BBQで温まりたい!
寒い季節のBBQも楽しみがいっぱいです。

夏の間、テントや日よけは大活躍しましたよね。
熱射病の危険性から何度も救ってくれた
心強い味方。

日差しもすっかり落ち着いているし、
もうシーズンオフかな……と思うなかれ。

まだクローゼットの奥にしまうのは早い!

寒いシーズンだからこそ、
テント型の日よけは大活躍しますよ。

日よけではなく、風よけとして使用しましょう。
この季節の風はなかなか厳しいもの。

紙皿や紙コップを置いておくための
場所にもぴったり!
他にも風で飛んでしまいそうなアイテムを収納しましょう。

そして何より、
BBQ場は平たんな場所にあることが多いので、
風が骨身にしみるんです……。

そんなときにテントは絶好の避難場所に。
特に寒がりな女性陣からは
「気が利きますね」
と絶賛されますよ!

秋のBBQにこそテント!必須です。

バーベキューレンタルバーベキュー場のことはゴードンにお任せください。

  • ゴードンではバーベキューのための様々なコースをご用意しております。
  • バーベキューが初めての方も、そうでない方もご満足していただけます。
  • バーベキューをお考えならぜひゴードンにご相談ください。

バーベキューレンタルのゴードン
バーベキューレンタルのゴードン
Copyright(c)2010 Gordon co.,ltd. All rights reserved.